20:37 2020年09月29日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 70
でフォローする

ロシアは、研究者らが惑星での生命の生存を証明できるバイオマーカーを惑星の大気で発見したとするニュースを受け、金星を対象とする独自のミッションに取り組む計画だ。ロシア国営宇宙開発企業ロスコスモス社のドミトリー・ロゴージンCEOが明らかにした。

ロゴジン氏は、金星研究ミッションプロジェクトは2021年から2030年の期間でのロシアの宇宙事業の統一国家プログラムのプロジェクトの一環として取り組まれると強調した。このプログラムは年末までに確認される予定だ。

この間、英国のカーディフ大学およびマサチューセッツ工科大学の研究者らは、金星の大気に生物学的な兆候とみられる物質を発見した。

関連ニュース

タグ
金星, ロスコスモス, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント