12:56 2020年10月20日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

中国ではじめて建造された極地対応の砕氷船「雪竜2号」が北極海での極地探検を終え、上海の港に帰還する。同船は、北極海海底の 20メートルの円筒状のサンプルを携えて帰国する。このサンプルは海底約2キロ地点から引き上げられた。新華社が報じた。

同砕氷船は、今年7月15日に学術探検に出航。探索の結果、北極海海底の円筒状のサンプル(長さ18.65メートル)が深さ1870メートル地点から引き上げられた。

これは、中国の研究者らが、長さ20メートルの円筒状の棒を北極海の海底で利用した初のケースとなる。

関連ニュース

タグ
研究, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント