13:46 2020年10月30日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 02
でフォローする

研究者らが、とても一般的な3種の薬を一度に服用することで肺ガンの発症と死亡リスクを下げることができると発表した。研究結果が国際肺癌研究協会の『Journal of Thoracic Oncology』誌に発表された。

韓国の研究者らは、広く一般的に利用されている薬を定期的に服用する人を対象に肺ガンが進行するリスクについて評価を行なった。この場合、指定の薬はメトホルミン(一般的には糖尿病で使用)とスタチン(コレステロールの管理)、アセチルサリチル酸の3種となる。

研究者らは韓国国民健康保険公団の73万2000人超のデータを抽出した。学者らは特に肯定的な効果を3つの製剤群すべてを服用する人たちの中で確認した。

その際、より長期に服用した人たちにより大きな効果が現われた。研究者らは、これら3種の薬の長期の定期的服用が肺癌の進展リスクを低下させる要因を証明している可能性があると結論付けている。

また、このことは、癌細胞の増殖に対するメトホルミンとアセチルサリチル酸の影響に関する他の研究とも合致している。

研究者らは、メトホルミンとスタチン、アセチルサリチル酸を同時に服用することが、肺癌細胞の増加と増殖のいくつかの分子経路を一度に抑制し、そのことから発症と死亡のリスクを低下させることになるとの見解を示している。

関連ニュース

タグ
科学研究, 研究, ガン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント