20:53 2020年10月20日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

ロシアの運搬ロケット「ソユーズ」米衛星通信会社ワンウェブの人工衛星を載せ、2020年12月に打上げを予定している。欧州のアリアンスペース社が9月21日、明らかにした。

アリアンスペースは、2022年までにギアナ宇宙センターおよびバイコヌール発射基地、ボストーチヌイ宇宙基地から合計で16のミッションの実現を計画していると発表している。

2015年6月、Arianespace社とOneWeb社は、OneWeb社の衛星672基を軌道に投入するため、フレガートを使用した打ち上げロケット「ソユーズ」を21回打ち上げる契約に調印した。

関連ニュース

タグ
宇宙, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント