14:31 2020年10月30日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

米航空宇宙局(NASA)は月面有人着陸を目指す「アルテミス計画」最新版を発表した。宇宙飛行士の月面着陸は4年後となる。

NASAの発表では「宇宙飛行士を伴わない『アルテミス1』は2021年、宇宙飛行士を月面に運ぶ『アルテミス2』は2023年になる」という。

宇宙飛行士を月面に着陸させる「アルテミス3」は2024年に計画されている。

NASAは当初、人類の火星表面への着陸を2030年代中盤に見込んでいた。

これより前、NASAが月に原子炉を建設する可能性を検討していることが報道された。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント