11:54 2020年10月20日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 60
でフォローする

米サンフランシスコの生態学者は、オス鳥がメス鳥の気を引くために歌う際、以前よりも静かにソフトになったことを発見した。研究成果はサイト「phys.org.」に掲載されている。

変化の原因となったのはサンフランシスコで導入された外出制限だという。街の喧騒で鳥は必要以上に大声で鳴かざるを得なかったが、制限措置が導入されて以来、鳥の鳴き声がよりリズミカルに、音量は1/3ほど静かになった

研究者らは、環境変化に対する鳥の適応の速さに注目。長期的な騒音低減策により、動物界における種の多様性が高まる可能性があると推測している。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
動物, 科学研究, 研究
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント