13:00 2020年10月20日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 60
でフォローする

体にタトゥーを入れると体温調節の機能が乱れ、健康に悪影響を及ぼすことが、米国の南メソジスト大学の研究者らによって明らかになった。この研究結果は、「応用生理学ジャーナル(Journal of Applied Physiology)」に掲載されている。

研究者らは、大きなタトゥーを入れている人を対象にした実験を行なった。被験者らは発汗を促す特殊なスーツを着用。体温の変化に対する皮膚の反応のモニタリングを行なった。

このモニタリングの結果、タトゥーが入ってない部分の皮膚は体温変化に対し正常な反応を示したが、刺青の部分では発汗量が著しく少なく、その汗にはより多くの塩分が含まれていた。これにより、タトゥーが入っている箇所の皮膚では、汗の分泌機能が正常に働いていないことが明らかになった。

関連記事

タグ
研究, 健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント