18:49 2020年10月20日
テック&サイエンス
短縮 URL
がん治療最先端 「21世紀のペスト」とどう戦うか (40)
0 60
でフォローする

ビタミンDの欠乏は、特定のタイプのがんのリスクを高めるだけでなく、神経系や心血管系にも悪影響を与える恐れがある。内分泌学のファティマ・ドズゴエワ医師(準博士)が語っている。

ドズゴエワ医師によると、ビタミンDの欠乏は、乳がん、腸がん、前立腺がんの発症リスクを高める恐れがある。

ビタミンDはさらに、人体の免疫システムに影響を及ぼす。このビタミンが欠乏すると、感染症や自己免疫疾患の発症率の増加につながる。

同医師によると、神経系と循環器系の問題や、多発性硬化症、糖尿病1型、潰瘍性大腸炎の発症リスクは、ビタミンD不足によって増加するという。

最後にドズゴエワ医師は、ビタミンD不足かどうかを確認するためには、血液検査を受けるのが一番だとアドバイスしている。

関連ニュース

トピック
がん治療最先端 「21世紀のペスト」とどう戦うか (40)
タグ
健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント