08:56 2020年10月25日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 143
でフォローする

宇宙の年齢がわずか9億年であった頃に形成された超大質量ブラックホールは、6つの銀河を「飲み込んで」いた。6つの銀河は以来、飲み込まれたままの状態にあるが、ブラックホールの中にある銀河の数は、実際はそれよりもずっと多いかもしれない。研究結果が学術雑誌「アストロノミー・アンド・アストロフィジックス(天文学と天文物理学)」に発表された。

プロジェクトを率いるマルコ・ミニオリ氏の話では、複数の銀河は天の川までの距離の300倍ほど離れた場所に広がっているガスが視界を防ぎ、「宇宙のクモの巣の中でもみくちゃ状態」になって発見された。

太陽の10億倍の超大質量ブラックホールを囲む「クモの巣」から出る光が、今、地球に到達したのだが、その光は、宇宙がわずか9億歳だった時、つまりビックバーンの起きたすぐ後に発せられていた。

超大質量ブラックホールの中の6つの銀河はチリのヨーロッパ南天天文台の超大型望遠鏡VLTが発見した。この発見は最新の望遠鏡が最大限の可能性を発揮した結果、得られたもの。しかもこれらの銀河は一番光度が高かった。ただし今までに発見されたのは氷山の一角で、実際にははるかに多い銀河が隠されている可能性がある。

タグ
科学研究, 科学, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント