21:40 2020年10月20日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 03
でフォローする

南極大陸の上空にあるオゾンホールの1つが史上最大の面積に達した。南極の世界気象機関 のクレール・ヌリス公式報道官が明らかにした。

ヌリス報道官によれば、オゾンホールは10月初めに2400万平方キロの最大面積に達した。現在、その面積は2300万平方キロまで縮小したものの、過去10年の平均値を上回っている。

オゾンホールは南極の大部分を網羅してしまっている。

世界気象機関はオゾンホールの出現につて、オゾン層を破壊する化学物質の放出を禁ずるモントリオール議定書の順守の必要性を再び喚起するものだと強調している。

関連ニュース

タグ
地球温暖化, 気候変動, 南極
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント