12:53 2020年10月20日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 60
でフォローする

ノーベル委員会は、2020年のノーベル化学賞をゲノムの編集手法を開発したエマニュエル・シャルパンティエ氏とジェニファー・ダウドナ氏に授与すると発表した。

シャルパンティエ氏とダウドナ氏は、「遺伝子を修復するDNAのハサミ」とも呼ばれるCRISPR-Cas9システムを開発した。CRISPR-Cas9は、例えば糖尿病、白血病、統合失調症の治療の際に感染したT細胞からHIVを除去するなど、動物やヒトの遺伝子編集に利用することが可能。

​ノーベル賞は、1895年11月27日に署名された発明家アルフレッド・ノーベルの遺言に従って創設された。新型コロナウイルスの影響により、今年の授賞式はテレビ中継に変更して行われる。

タグ
ノーベル賞
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント