08:59 2020年10月25日
テック&サイエンス
短縮 URL
筆者 :
0 42
でフォローする

韓国最大手の自動車メーカー、現代自動車は、2028年に実用化が予定されている空飛ぶ自動車のモデル開発を行なっている。ブルームバーグが伝えた。

現代自動車が開発を進めているのは、5人から6人乗りの大都市用の空飛ぶ自動車。現代自動車の都市型航空交通(UAM)部門を率いるシン・ジェイウォン氏は、「常に交通渋滞に巻き込まれている人なら、空を飛ぶことができる装置で移動できることがいかに便利かを理解するだろう」と述べている。

現代自動車は、米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズと共同で開発している空飛ぶ自動車のコンセプトを、今年初旬にラスベガスで開かれた「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー」で発表していた。

空飛ぶクルマの開発を手がけるその他の企業

空飛ぶ自動車で輸送・交通分野に変革を起こそうとしているのは、現代自動車だけではない。空飛ぶ自動車の開発には、ボーイングやエアバスといった保守的な自動車企業も参入している。

またフォルクスワーゲングループ傘下のポルシェ、羽を持つ2人乗りのマルチコプター「ヴォロコプター」を開発しているeボルボ社のスタートアップに2,500万ユーロを投資したダイムラーも、空飛ぶ自動車の開発を行なっていると発表している。

交通規則

しかしながら、この新たな分野に関する法的基準は今のところまだ策定されていない。交通分野の管轄機関は、今後数年の間に、操縦士の免許の種類、交通事故の処理や事故の可能性を最低限にするための方策などの問題を調整する必要がある。また空飛ぶ自動車が、航空機やヘリコプターのルートの妨げになるのを防ぐための新たな規則やインフラも求められる。これに関し、日本の世耕弘成前経済産業相は、先に、政府は空飛ぶ自動車の法整備に着手し、開発に民間企業を参入させる意向だと述べている。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント