12:48 2020年10月20日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 34
でフォローする

米国テネシー州メンフィス市在住の少年が自分で自宅で原子炉を建設し、最年少記録者としてギネスブックに登録された。サイト「Unilad」が報じた。

ジャクソン・オズワルト君(12)は、14歳の時に原子炉を建設した前記録保持者のテイラー・ウィルソン君に感銘を受け、自分でも反応炉を作ってみようと取り組み始めた。原子炉の建設成功から、現在ジャクソン君はギネスブックに登録されている。

ジャクソン君によれば、彼は創作を行う中でさまざまな問題に直面したのだという。彼は特に気密性の絶縁材をどう作るのか理解が非常に難しかったと強調した。

彼は諦めることなく、両親もジャクソン君の取り組みを支援した。たとえばジャクソン君の母親は、彼はさまざまな段階に進む際にはあらゆることをインターネットなどで調べたと語った。

ジャクソン君は全作業を自分で行い、完成までに2年を費やした。

関連ニュース

タグ
科学
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント