09:15 2020年10月25日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

ドイツのフラウンホーファー生産システム・デザイン技術研究所の研究者らがスクラップから1年で分解するバイオプラスチックを開発した。サイト「New Atlas」が報じた。

研究者らは、将来、新しい技術を活用することで、プラスチックの製造に使われる原油量が減ることを期待している。また、このことが自然環境の汚染を減らすことにつながる。

バイオプラスチックの作成のあたり、研究者らはベースとして産業廃棄物を試験した。特徴としては、こうしたプラスチックは、現在製品に使用されているポリプロピレンに類似している。しかし、ポリプロピレンとは異なり、新しいバイオプラスチックは100年ではなく、1年で分解される。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント