14:34 2020年10月30日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

米国人研究者らが全天空の4分の3を網羅し、星、銀河、クエーサーの画像を写した、世界初の3D天文カタログ「PS1-STRM」を作り上げた。ハワイ大学のサイトが発表した。

カタログには自由なアクセスが可能。

ハワイ大学天文学研究所は、ハワイ島マウナ・ケア山頂にあるパンスターズ計画のパノラマ撮影用の高感度望遠鏡のシステムがとらえたデータを用いた。このシステムは天空の4分の3あるいは3万立方角をとらえることができる。

新たに算出されたデータを分析に応用した結果、パンスターズ計画のキャッチした30億個のオブジェクトのうち、どれが星で、どれが銀河または恒星のように明るいクエーサーなのかを判定した。銀河のためにはプログラムは銀河までの距離を算出した。その結果、およそ300ギガバイトの世界最大の3D光学多彩カタログが出来上がった。

関連記事

タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント