14:27 2020年10月30日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 50
でフォローする

チリの学者たちは、音楽のレッスンが子どもの注意力と作業記憶を高め、さらにこれらの認知的利益が一生続くことを証明した。研究結果はFrontiers in Neuroscienceに掲載された。

学者らは、注意力と作業記憶に関する実験を行った。実験には10〜13歳の子ども40人が参加した。そのうち20人は音楽のレッスンを受け、少なくとも2年間にわたって楽器を演奏し、週に2時間以上練習し、オーケストラまたはアンサンブルで定期的に演奏した。残りの20人は音楽教育を受けず、コントロールグループを構成した。

子どもたちは注意力、作業記憶、反応のテストを受けた。機能的MRIも使用された。両方のグループの反応時間はほぼ同じだったが、音楽を学んでいる子どもたちははるかに正確な反応を示した。さらに彼らの脳は、より簡単かつ効率的に一度に複数のシグナルを処理した。

学者らは、共通した脳活動の高まりを背景に、音楽に取り組んでいる子どもたちの脳の前部と中央部の間には特殊な「音韻ループ」が存在することに気づいた。このサイクルは音を処理し、音を物理的な動きと同調させる作業記憶システム。意思決定、目標または複雑な認知タスク達成などの問題に直面したときに脳が複数の領域を結びつける強力なネットワークをオンにすると、音韻ループが機能し始める。

したがって、音楽学習は最も重要な脳のネットワークの全般的な機能活動を高め、子どもの心理的安定性の形成や創造的ポテンシャルの実現を促進し、最終的には認知的利点のおかげで生活の質を全般的に向上させることがわかった。

関連ニュース

タグ
研究, 音楽
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント