13:58 2020年10月30日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 25
でフォローする

英国とオーストラリアは、新型のA群レンサ球菌が原因による猩紅熱の流行にすでに直面した。この新型A群レンサ球菌の研究が、学術雑誌ネイチャー コミュニケーションズに掲載された。

猩紅熱は20世紀半ばまで世界の子どもたちの主な死亡原因とされていた。抗生物質の誕生によってこの恐ろしい感染症は1940年代までに事実上撲滅されたが、2014年に英国で猩紅熱の新たな流行が起き、最近オーストラリアでも猩紅熱が発生した。

学者たちは、再び流行するより深刻な形の猩紅熱の病原体を分離し、研究することに成功した。病原体は北東アジアからのA群レンサ球菌が変異したもの。A群レンサ球菌は子どもの体内に入り、スーパー抗原と呼ばれる有毒な化合物を放出する。学者らはその中に、これまで知られていなかった新たな変種を発見した。新しいスーパー抗原は、A群レンサ球菌が遺伝子レベルで自らをクローニングすることを可能とし、抗生物質に対する耐性を持たせる。

学者らは、新型のA群レンサ球菌は従来のレンサ球菌よりも危険であり、新型コロナの流行が収束し、制限措置が解除されると、猩紅熱が世界中で流行する可能性があるため、その対処法の開発を急ぐ必要があると結論付けている。

学者らは新型コロナと同じように、ワクチン製造に主な期待をかけている。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント