08:47 2020年10月25日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 410
でフォローする

ソーシャルネットワークのフェイスブックは、予防接種を推奨しない広告の投稿を禁止した。フェイスブックが自社のブログで明らかにした。

しかし、新型コロナウイルスに対するものを含め、ワクチンに関する国の政策や法律の賛否を表明する広告は、これまで同様に掲載される。

インスタグラム
© Sputnik / ナタリア・セリベストロヴァ
ワクチンに関する情報を掲載した広告は、認可を受けなければフェイスブックに投稿することができない。広告には「支払い済」の印が記されることから、ユーザーらがどこが広告企業を精査したかを正確に知ることができる。

この他、ユーザーはワクチンに関する無料コンテンツを自身のページに投稿し続けることができ、SNSの管理者はこうした広告への対応を予定していない。ワクチンに関するコンテンツへの同様のアプローチはインスタグラムが行っている。

今週、フェイスブックはホロコーストの事実を否定するコンテンツのブロックを開始した

関連ニュース

ロシアは2つ目の新型コロナウイルス用ワクチンを登録=プーチン大統領

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント