08:49 2020年10月25日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 02
でフォローする

州宇宙機関(ESA)は、地球低軌道における宇宙ごみの問題がより深刻になっており、宇宙船のロケットブースターと燃料電池の爆発が危険な宇宙ごみが発生する主な理由だとする報告書を発表した。サイエンス・アラートが伝えた。

専門家らによると、長年にわたって宇宙ごみの増加を防ぐための対策が行われているにもかかわらず、爆発の数は減少していない。

この問題の解決策の1つは再利用可能なロケットを導入することだが、この技術はまだ初期段階にあり、未だに多くのロケットブースターが軌道上に残っている。

その他の対策としては、宇宙船を過酷な宇宙環境に長期間耐えられるように設計することや、残存燃料や蓄積されたエネルギーを放出することで役目を終えた装置が爆発するリスクを軽減することなどがある。

ESAの報告書によると、地球低軌道には現在、サイズが1ミリ未満の人間が出した宇宙ごみが1億3000万個以上ある。

関連ニュース

タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント