13:24 2020年10月30日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 23
でフォローする

イーロン・マスク氏の宇宙企業「スペースX」はコンステレーション型小型通信衛星「スターリンク」の14度目の打上げを実施した。ニュースサイト「Spaceflight Insider」が伝えている。

衛星60機を載せたロケット「ファルコン9」はフロリダ州ケープカナベラル発射基地からEST(米国東部標準時)8時25分に打上げられた。

​発射数分後にスペースX社はファルコン9の1段目が無事に大西洋上の同社ドローン船「Of Course I Still Love You」に帰還したことを報告。今回で6回目の打上げと帰還になった。

スペースX社は日本時間22時30分、衛星60機すべてが軌道上に配備されたことをツイッターで発表した。次のスターリンク衛星打上げは10月21日に予定されている。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント