02:44 2020年11月30日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 41
でフォローする

喫煙は骨粗鬆症の進行に関連する。この病気によって骨量が減り、骨折のリスクが高まる。この喫煙のリスクについてロシアの医科学博士オリガ・レスニャク氏が語った。

日本の喫煙者の割合に関する厚労省の最新データ(2018年まとめ)では、喫煙の習慣がもっとも見受けられるのは男性と女性では30歳から50歳となる。この年代の日本の男性の35.5%、女性で13.6%が喫煙している。

レスニャク博士によれば、ちょうど50歳から骨粗鬆症のリスクが増加するという。病気のもっとも良い予防措置はビタミンDを摂取することだという。ビタミンDは体内で不足しているおそれがある。

それだけではなく、学者らはあらゆる形態のニコチンが小細胞肺がん患者における転移の発生を促進することも発見した。

関連ニュース

タグ
健康, タバコ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント