09:32 2020年11月25日
テック&サイエンス
短縮 URL
がん治療最先端 「21世紀のペスト」とどう戦うか (45)
0 10
でフォローする

米国の研究グループは、膵臓がん患者用に特化した血液検査法を開発した。腫瘍が治療方法に感受性をもつかどうかを判定できるという。

ヴァン・アンデル研究所の専門家は、血中に「sTRA」と呼ばれる糖鎖抗原があるかを判定する検査方法を開発した。sTRAは膵臓がんの特定サブタイプで生成され血流に入る。専門家によると、このサブタイプは通常、化学療法に感受性がないという。

研究者らは、この開発により、膵臓がん治療にあたる医師らがより効果的な解決策を選ぶ手助けができたら、と期待を表している。

関連ニュース

トピック
がん治療最先端 「21世紀のペスト」とどう戦うか (45)
タグ
ガン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント