02:52 2020年11月30日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

米国のロボット開発企業ボストン・ダイナミクス社が自社開発の犬型ロボット「Spot」の実験をチェルノブイリ立入禁止区域で実施した。Spotは放射線の観測を実施した。ウクライナ立入禁止区域管理庁がフェイスブックで発表した。

犬型ロボットは原発区域を散策し、また、「ルィジー・レス(赤い森)」「ポドレスヌィ」「ブリャコフカ」といった瓦礫埋立地やローカルポイントで放射線を観測した。汚染地域の発見のため、ガンマ線スペクトロメータやハイパースペクトル、中性子センサーが活用される。また、ロボットをドローンが援助する。

立入禁止区域での研究はブリストル大学の専門家と放射性廃棄物回収国立専門中央企業の職員らが実施する。研究者らは、3D画像と放射性核種の拡散地図、また、もっとも汚染された地域の「赤い森」の画像の入手を期待している。

6月、犬型ロボットのSpotが価格7万4500ドル(約800万円)で一般販売が開始されたことが報じられた。

関連ニュース

タグ
チェルノブイリ, ロボット, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント