13:27 2020年11月24日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

約3万年前にオーストリアに住んでいた双子の乳児の化石が、国際研究グループによって発見された。この研究のプレスリリースが英ネイチャーに掲載されている。

この双子の化石は、ニーダーエスターライヒ州のクレムス・アン・デア・ドナウ市近くの古代の住居跡で発見された。葬儀用のアクセサリーで装飾されたこの化石は、楕円形の墓石に埋葬されていた。

研究グループが埋葬された乳児2人のDNAを分析したところ、両者は同じゲノムを有していることが分かった。また、双子の乳児のうち1人は6ヶ月から7ヶ月、もう1人は13週から14週まで生きていたことが判明した。

論文で研究者らは、「考古学の研究で双子の化石がDNA分析で確認されたことは今までに1例もなく、こうして確認される例は極めてまれ」と指摘している。

関連記事

タグ
考古学
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント