09:33 2020年11月25日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 04
でフォローする

米グーグルは11日、画像を無料・無制限にバックアップするサービス「グーグルフォト」の規定を変更し、2021年6月から無料で保管できるデータ量に上限を設けると発表した。テクノロジー系メディア「TNW」が報じている。

グーグルフォトに保管されている画像や動画は現在、グーグルアカウントの無料ドライブ(15ギガバイト)の容量を消費していないが、2021年6月1日以降にアップロードする画像等はこのドライブに保管されるようになる。

WhatsApp
© 写真 : Pixabay / HeikoAL
グーグルによると、利用者のドライブのストレージが上限の15ギガバイトに近づくと、有料版の「グーグルワン」への移行を通知するという。「グーグルワン」は現在、100ギガバイトまで保存可能な月額250円のプランを提供している。

グーグルは2015年、画像や映像の保存・共有サービスとして「グーグルフォト」の提供を開始。同サービスの利用者は10億人以上いるとされ、高画質画像を容量無制限で保存できることから愛用しているユーザーも多い。

グーグルはこの変更について、「今後もより多くの写真を余裕を持って安全に保管していただけるよう、このたびストレージポリシーを変更」したと説明している。

関連記事

タグ
Google
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント