12:21 2020年11月24日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

米国の研究チームが、火星から水が消えた原因として確実性が高い一説を打ち立てた。研究論文が学術誌「Science」に掲載されている。

研究チームは、砂嵐で火星表面から水が大気の上層に達し、そこで単原子水素となり火星大気から宇宙に消えたことを発見した。これにより火星の気候進化に影響が与えられたと研究チームはまとめている。

この研究ではまた、大気上層の水の量が季節により変化し、南の夏にピークに達し、砂嵐で増加したことも指摘されている。

火星ではこれより前、その表面の下に液状の水を湛えた一連の湖が隠れていることが確認されている。

関連ニュース

タグ
火星
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント