20:55 2020年11月30日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

民間宇宙船として世界初の運用段階に入る「クルードラゴン」1号機が、日本人宇宙飛行士の野口聡一さんら4人を乗せて米フロリダ州から日本時間午前9時27分に打上げられた。宇宙船はこの後、日本時間17日午後1時頃に国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングする予定。NHKが伝えている。

米民間企業「スペースX」の宇宙船「クルードラゴン」1号機が野口聡一宇宙飛行士やアメリカ人飛行士、計4人を乗せて米フロリダ州ケネディ宇宙センターから日本時間16日午前9時27分に打上げされた

宇宙船は予定の軌道に投入され、打上げは成功。

「クルードラゴン」はNASA(アメリカ航空宇宙局)の支援を受けてスペースX社が開発したもの。民間の宇宙船としては世界で初めて運用段階に入り、アメリカと宇宙ステーションとの間を往復する。

「クルードラゴン」は17日にISSにドッキング。野口飛行士にとっては10年ぶり3回目の宇宙飛行となる。約6カ月滞在し化学実験などを行う予定。

関連ニュース

タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント