02:50 2020年11月30日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 50
でフォローする

日本のアストロスケール・ホールディングスは18日、大型宇宙ごみの回収を目的とした人工衛星を2021年3月にカザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げる。南日本新聞が報じている。

同社は、スペースデブリ(宇宙ごみ)除去サービスに取り組む日本のスタートアップ企業。本社の日本をはじめ、シンガポール、英国、米国、イスラエルの5カ国に従業員約140名を擁し、グローバルに事業を展開している。

宇宙ごみ回収用の人工衛星は、ロシアのソユーズロケットに搭載される予定。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)によると、人工衛星を用いた大型宇宙ごみ回収に成功すれば、日本初となる。

この人工衛星は、磁力で宇宙ごみを引きよせ、回収後はごみとともに大気圏に再突入させて焼却する。

スタートアップ企業を紹介するサイト「テックランチ」によると、アストロスケール・ホールディングスは10月14日、投資ラウンドで総額約55億円の調達を実施し、推計調達額約210億円を達成している

関連ニュース

タグ
日本, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント