09:41 2020年11月25日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 01
でフォローする

日本の自動車メーカーのスズキは19日、燃料タンクやヘッドランプに不具合があるとして、「ワゴン」や「アルト」など9車種計105万台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。時事通信が報じている。

燃料タンクの不具合でリコールの届け出があったのは、「アルト」、「ワゴンR」とマツダの「キャロル」など7車種で、2014年12月〜19年4月に製造された約76万9000台。該当する車を使用し続けるとタンクが変形し、燃料残量警告灯が正しく作動しなくなる恐れがあるという。

また、スズキの「ハスラー」や「アルト ラパン」などの3車種ではヘッドランプの不具合が報告されている。2013年12月から18年8月までに製造された約34万3000台がリコールの対象となる。

これらの他にも、スズキはバックドアを支えるダンパーに不具合がみつかった「ハスラー」、「フレアクロスオーバー」の2車種約31万台(2014年7月〜17年10月)について、リコールに準じる改善対策を国土交通省に届け出た。

10月末、日本のトヨタ自動車は、米国で152万台を追加でリコールすると発表した。

関連ニュース

タグ
自動車
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント