13:27 2020年11月29日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

天文学者らがかつてなく地球に接近し、新たな記録となった小惑星の通過を観測した。天文学のサイト「Universe Today」が明らかにした。

直径5~10メートルの小惑星2020 VT4が13日、太平洋南部のピトケアン諸島近くの上空を飛行した。2020年11月14日、天体は地球に接近した約15分後にハワイの小惑星地球衝突最終警報システム(ATLAS)によってに発見された。

小惑星は地球から345キロの地点を通過したが、これは国際宇宙ステーションの軌道よりも低い。今回、8月に更新された小惑星2020 QGの記録が破られた。8月の地球への接近時の距離は3000キロだった。

関連ニュース

タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント