12:00 2020年11月24日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 50
でフォローする

電子タバコ利用者の5人に1人は、肺の慢性疾患に見舞われている。電子タバコを使用する人々が呼吸器官系の病気を発症する可能性は43%高い。研究結果が医学誌『JAMA Network Open』で発表され、データに関してサイト「MedicalXpress」が解説を行った。

ボストン大学医学部と公衆衛生大学院の研究者らは、一定期間電子タバコを頻繁に利用している健康な人々の大規模なサンプル調査を実施した。こうした調査はまだ始められたばかりといえる。

研究者らはまず電子タバコを利用する健康な2万1618人の調査を実施した。これらの人たちには観察開始までには呼吸器官の病気は確認されていない。一般的なタバコの喫煙での発病、そして、そのことから電子タバコに切り替えた人は除外されている。

電子タバコを頻繁に利用する人の呼吸器系の発病リスクは43%高く、さらにすでに禁煙している人々でも21%のリスクが示された。頻繁に利用する人には慢性気管支炎のリスクが33%高く、また肺気腫は69%、慢性閉塞性肺疾患は57%、喘息は31%というリスクの高さが示された。

研究者らは、彼らの調査では呼吸器官に対する電子タバコの長期的悪影響のデータが恒常的に増加していることだけが示されたと強調する。

関連ニュース

タグ
科学研究, 科学, タバコ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント