16:49 2021年01月18日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 12
でフォローする

PlayStation 5発売開始後の最初のウィークエンドにロシアで大量の台数の転売が行われた。個人が不要な物をオンライン上で売り買いする「アヴィート」では、新品のプレステ5を売却広告が1000台を超え、値段もリテイラー価格の2倍ほどで出されていた。ロシアのSNSユーザーらがこうした情報を発信している。

そんなアヴィート広告の1例。「新品のSony PlayStation 5 (PS5)。未開封。領収書、1年間の保証書付き。今日、来てくれたらお持ちいただけます。ディスク付き。」そして市場価格の2倍の値段が表示されている。

お1人様1点限りのはずのコンソール販売台数がそれより多く売られたり、店の社員が先行予約の際にコンソールを大量に買い占めた例が報告されている。


プレステ5 ロシア

ソニーが9月17日に発表した新製品PlayStation 5の販売はロシアでは11月19日(木)にスタート。先日、スプートニク通信がロシアの正規販売代理店からの情報として報じたところによれば、次世代コンソールと言われる今回のコンソールは光学ドライブ搭載の有無で価格が異なり、搭載していない機種は37999ルーブル(およそ5万2000円)、搭載すると45999ルーブル(6万3000円弱)になっている。

関連記事

タグ
ロシア, Sony
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント