08:54 2021年09月17日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

ヨーロッパの専門家らは、コレステロール値が高くなった時に、ある独特の症状が現れることを明らかにした。エクスプレスがコレステロール警報の症状と、コレステロール値を正常に保つための秘訣について報じている。

コレステロール値は高くなっても症状となって表れない。最後、血管が詰まるようになって初めて価の高さがわかるのが普通だ。だが、これが時に手足の先の痛みとなって警告が出ることもある。

こういう痛みの感覚を呼んでいるのはコレステロール、 脂肪分の高い物質、細胞のゴミ、カルシウム、フィブリンから成る堆積物で、これが原因で 血管が狭まり、動脈硬化になりかねない。動脈内のコレステロールのプラークはいわゆる動脈病症候群を招く。ひどい場合はこれによって四肢を失いかねない。

手足にこうした痛みが出た場合、専門家らは病院での検査を勧めている。コレステロール値を上げないようにするには、サラミソーセージや脂身の多い肉、バター、硬いチーズ、ケーキ、クッキーなど脂肪分の高い食物を避けること。

タグ
科学, 健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント