06:53 2021年01月27日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 70
でフォローする

米国ロチェスター大学の心理学者らは、幸福で強固な家庭を築くために重要な個人の特性は、心理的な柔軟さだと考えている。研究結果が『Journal of Contextual Behavioral Science』に発表された。

研究者らは、家族の相互関係をテーマとする174の研究データを分析し、こうした結論を導き出した。

研究者らは、心理的柔軟さのもとで家族は良くも悪くも互いの開放性と受容性を認識し、また、日常のあらゆることに対する意識的な関係を理解すると規定した。

同様に幸福な家庭の構築にとって大切なのは、起こった事にくよくよせず、困難な時に将来のビジョンを失わず、気持ちが不安定でも深い価値観を維持するといった力、そして一時的な困難に見舞われても共通の目的に進むことができる能力である。

心理学的な柔軟さは生活の上での不愉快な出来事を克服する力を培うだけでなく、家族の団結を高めることになる。

関連記事

タグ
科学研究, 科学
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント