19:51 2021年04月13日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

独メルセデス・ベンツは、新型EV(電気自動車)セダン「EQE」の路上テストを開始した。1日、Autocarが伝えた。

「EQE」は、電気自動車用に特別に開発されたMEA(Modular Electric Architecture)プラットフォームを基盤とし、総合出力400馬力の発電機が搭載されている。1回の充電で最大1200キロ走行できる。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Mercedes-Benz (@mercedesbenz)

「EQE」は、広々とした車室内空間や大きなトランクの他、車高調整式サスペンションを備えており、道路状況に応じて最低地上高が変化する。

2022年に中国で生産に着手する。「EQE」は、テスラ社「Model S」のライバルとなる。


1日、独フォルクスワーゲンは、環境分野で導入予定の規制などを背景に、一般市場向けのコンパクト電気自動車の開発を加速すると報じられた。

また、テスラ社は道路が狭い欧州向けに特別仕様としてコンパクトな電気自動車をリリースする計画だ。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント