13:19 2021年01月24日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10
でフォローする

欧州の研究者らが血液検査でアルツハイマー症の分析を行う方法を開発した。この方法は、可能な限り早期に対応を開始する必要があることから、不治で死の危険性のあるこの病気の対策にとって決定的な意義をもつことになる。研究について雑誌『Nature Aging』で発表された。

研究者らは、急速な痴ほうの進展の兆候として、痴呆障害がわずかにみられる患者の血液中に特殊なマーカーの存在を確認した。

研究者らは軽度の認知障害が見られる550人の患者から血液を採取し、彼らの血液中に2つのカギとなるタンパク質を発見した。これらはアミロイドβとタウタンパク質で、脳内でアミロイドプラークの蓄積を引き起こす。これらのタンパク質は、アルツハイマー症の発症の4年前までに患者の血液内で検出がされ、その期間にこの方法が88%のケースで効果を示した。

専門家らによれば、この有効期間に試験的な治療方法を施すことにより初期段階での発症を抑制することを可能とする。神経細胞の死滅の進行を抑制・停止させることがまだ可能であることから、アルツハイマー症と診断が下される前に病気に対応することは意義があると考えられている。

タグ
医療, 病気, 科学
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント