15:55 2021年01月16日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

ツイッター社が動画アプリ「Periscope」を終了する。同サービスは2021年3月31日で完全に停止となる。プロジェクトチームが明らかにした。

サービス終了までに同社はすべてのアプリケーションストアからPeriscopeを削除する。

現在、すでにアプリでは新しいアカウントの作成機能が削除されている。また、3月末までにユーザーは自身の動画のアーカイブをダインロードすることができる。

開発の専門家らは、この2年間、サービスの人気が低迷したが、そのコストは高騰が続いたと指摘した。

Periscopeを利用してユーザーらはライブ中継をストリーミングし、ツイッターにそれらを投稿することができた。しかし、同社によれば、ツイッターのアプリそのものは以前からストリーミングの視聴と作成機能を有しているという。

11月、ツイッター社は自社のストーリーズのアナログ機能である「Fleets」をリリースした。これによりユーザーらはテキストメッセージや画像、動画を投稿することができる。ただし、データは24時間後に消去される。

関連ニュース

タグ
テクノ, ツイッター
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント