13:28 2021年01月24日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

米航空宇宙局の専門家らが、今週、5つの小惑星が地球に接近し、その際、2つが月よりも近づくことを発表した。

5つのうち3つは16日の水曜日に接近するという。これらの小惑星のサイズは直径が10メートルから24メートルとなる。その中でもっとも接近するものは34万3000キロメートの距離で地球と交差することになる。

さらに、直径6.8メートルと30メートルの2つの小惑星が18日に地球に接近する。このうち小さい方は5万7100メートル付近を通過し、大型の方は地球から約700万キロメートルのところを移動する。

関連記事

タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント