03:42 2021年01月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 60
でフォローする

英NHS(国民保健サービス)の専門職員で水分補給を専門とするニック・ハード氏は、二日酔いに避けるために守るルールを紹介した。英紙エクスプレスが伝えている。

ハード氏によると、水を飲むタイミングが重要なポイントだという。まずアルコールを摂取する前、その後も水とアルコールを交互に飲む必要がある。ただし夜のパーティー終了後にあまりに多く水分を摂る必要はないという。トイレに通う回数が増えると睡眠リズムが狂い、それが原因で朝の体調は悪くなる一方だからだ。

ハード氏は飲酒の際、アルコール吸収を加速させる炭酸飲料、また脱水を促すコーヒーと組み合わせてはならないと強調した。また最も重要で明確なルールではあるが、よく無視されるものとして、アルコールと並行して十分な量の食事を摂ることを挙げた。

ハード氏はまた、二日酔いが避けられなかった場合のアドバイスもしている。二日酔い状態を軽減する最も簡単な方法は睡眠であり、また運動も役に立つという。二日酔いが吐き気で悪化する場合は、ショウガ入りの飲み物を作るのもお勧めだ。ショウガは炎症を抑え、消化器系を落ち着かせる効果があるという。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント