10:54 2021年01月24日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

世界最大のクルーズ企業「カーニバル・クルーズライン」は、次世代の豪華客船「マルティグラ」の建造を完了した。最大6500人の乗客を乗せることができるこの客船の設計は、新型コロナ時代に対応しつつも、ジェットコースターを設置するという驚きの内容となっている。ブルームバーグが報じている。

このパンデミックの時代において、乗客の密集を避ける方法を見つけることが交通業界の最大のテーマ。しかしマルティグラの場合、客船を6つのテーマ別に設計する予定であったことから、ソーシャルディスタンス(社会的距離)の確保のために再考する必要はなかったという。

​マルティグラには従来の客船と同様、ライブステージやバーが設置されている他、最上階に5つのウォータープール、バスケットコート、そしてジェットコースターが備えられている。

新型コロナのパンデミックのため、マルティグラがいつ処女航海を行えるのかはまだ明らかになっていない。しかしブルームバーグは、マルティグラは2021年において最もクレイジーでもっとも「仕掛け」のある新しいクルーズ船になると指摘している。

またこの豪華客船の目玉は、ジェットコースターだけではない。客船の動力は、北米の船では初となる、環境に配慮した液化天然ガス。これにより、船舶用ディーゼル燃料と比較して二酸化炭素の排出量を20%まで削減することができるという。

関連記事

タグ
観光, びっくり
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント