03:35 2021年01月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 41
でフォローする

米国の研究者らは、抗生物質と免疫調整剤の特性を融合させた化合物の1種を発見した。これらはバクテリアに直接的な作用を与え、薬に対する抵抗力を持つ一部のバクテリアへの迅速な免疫反応を可能にする。学術誌『ネイチャー』で発表された。

研究者らは、「2-C-メチル-D-エリトリトール-4-リン酸」と呼ばれるバクテリアの特殊な代謝経路を標的とする物質を探した。これは病原性バクテリアの生存に必要な分子であるイソプレノイドの形成に関与する。

この代謝経路の重要な要素は、多くの病原性微生物に存在するIspH酵素だ。専門家らは、もっとも効果のある抑制物質IspHを探すためにコンピューターシュミレーションを応用した。この物質はバクテリアの細胞膜(しかしこれは他の多くの物質はアクセスができない)を通じて浸透することができる。

解明された抑制物質IspHは免疫システムを活性化させ、多くの抗生物質よりも効果的な製薬になることが判明した。この場合、テストが行われたすべての化合物は人体に有害ではなかった。

タグ
科学研究, 科学, 医療
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント