13:27 2021年01月24日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 60
でフォローする

スマートフォンがハッキングされた場合の兆候は、「フリーズ」だけではなく、動作が遅い、バッテリーの消耗が激しいなどの現象が挙げられる。ハッキングの手口は、スマホにマルウェアを密かにインストールさせるパターンが最も多い。ロシアのIT企業「インテレクチュアル・リザーブ」のパーヴェル・ミャソエドフ社長が、ビジネス関連のニュースサイト「プライム」で語っている。

ミャソエドフ氏は、「こういったマルウェアは、インターネットあるいは誰かのコンピューターに有線接続した際にスマホに入り込みます。例えば、非公式のサービスセンターでスマホを診断してもらうときなどに起こります」と説明している。

ハッカーは、携帯電話の性能やバッテリーに関係しないマルウェアを開発し、それをスマホに密かにインストールさせようとする。初期段階では、スマホはその兆候を示さないかもしれない。しかし、銀行やSNSアプリの広告の通知がくるようになり、これがハッキングの唯一のサインとなる。その後、スマホはハッキングされた兆候を見せ始め、遅かれ早かれ誤作動を起こすようになる。

スマホメーカーは、スマホをハッキングから守るために信頼できるソースからのみインストールを行い、よく知らないパソコンに接続しないように求めている。

ミャソエドフ氏は最後に、「スマホがすでにハッキングされているのではないかと疑う場合は、ホットラインや端末の製造元、販売者に連絡してみてください。専門家がスマホに適切な診断を行い、修正が可能な店舗を教えてくれます」とアドバイスしている。

関連記事

タグ
ハッカー, スマホ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント