22:37 2021年05月07日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 41
でフォローする

メッセンジャーアプリTelegramのダウンロード数が米国で第2位となった。英紙「デイリー・テレグラフ」が報じた。同アプリのダウンロード数は、トランプ氏のツイッターのブロックをはじめとする影響から3倍に増加した。

報道によれば、1月6日より同メッセンジャーアプリは約54万5000回ダウンロードされ、前週との比較で3倍となった。この増加には、アプリParlerの禁止やツイッターのトランプ氏のブロック、また、WhatsAppの守秘義務に関する新たな規定が影響している。

Parlerでは停止の前日、Telegramへ移行することを発表していた。

8日、WhatsAppのユーザーらは、メッセンジャーアプリのオペレーション企業の株式管理を行うソーシャルネットワークFacebookとの情報供給を余儀なくされた。

また、2019年にはTelegram創設者パーヴェル・ドゥーロフ氏は、このメッセンジャーアプリの脆弱性を指摘し、デバイスからWhatsAppを削除ようユーザーに呼びかけた

タグ
米国, ドナルド・トランプ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント