02:59 2021年06月23日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

エジプトの首都カイロ南部のサッカラ遺跡で、3000年以上前の木棺が54基発掘された。ロイター通信が報じた。

木棺は、新王国(紀元前1570年頃~紀元前1069年頃)時代のもの。

また考古学者らは、約4200年前にエジプトを統治していたテティ王のピラミッドの近くで、テティ王の妻ニット女王の葬祭殿も発見した

​さらに、死者が「死後の関門」を通過するのを助ける呪文が書かれている古代の文書『死者の書』のパピルス、古代の彫像、マスク、遊び道具も見つかった。

調査団を率いた考古学者のザヒ・ハワス氏は「これらすべての発見は、サッカラと新王国の歴史を書き換える」と語った。

サッカラは3000年前に埋葬地として使用され、古代エジプトの首都メンフィスのネクロポリス(大規模な墓地)だった。サッカラはユネスコの世界遺産に登録されている。

関連ニュース

タグ
エジプト
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント