01:25 2021年06月23日
テック&サイエンス
短縮 URL
ロシアの新型コロナワクチン (127)
0 50
でフォローする

ロシア直接投資基金(RDIF)は、ロシア製新型コロナウイルスワクチン「スプートニクV」のEU(欧州連合)への承認申請を行った。RDIFの広報担当者は記者団に、段階的な審査は2月に始まることを明らかにした。

広報担当者は「RDIFはワクチンの承認申請を行い、段階的な審査は2月に始まる見込みだ」と述べた。

またRDIFは、先に欧州医薬品庁(EMA)の専門家らが、「スプートニクV」の開発者らのために科学的助言を行ったことを確認した。会合には、国際的な専門家と学者20人以上が参加した。

「スプートニクV」の承認に関するEMAの決定は、一連の審査結果に基づいて下される。

またWHOは今週、「スプートニクV」の承認申請書の事前審査手続きを開始する。WHOは事前審査でワクチンの品質、安全性、有効性を評価する。

関連ニュース

WHO ワクチンは新型コロナウイルスに対する勝利を保証するものではない

「世界の実践に矛盾」 WHOはなぜファイザーだけに「青信号」?


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

トピック
ロシアの新型コロナワクチン (127)
タグ
ワクチン, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント