15:42 2021年09月25日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

マンゴーは血糖値を安定させ、2型糖尿病の患者の状態を全体的に改善させる可能性がある。米国の研究者を引用しExpressが報じた。

専門家らは、この果物に含まれるポリフェノールは抗酸化および抗炎症成分を有していることを明らかにした。

研究者らは、2型糖尿病の患者のボランティアを募り、マンゴーの果肉を細かくしたものを彼らの毎日の食事に加えた。数ヶ月後、治験者らには食後のブドウ糖レベルの減少が確認された。また、ボランティアの大多数で体脂肪率の低下がみられた。

しかし、専門家らは、マンゴーは糖分が多いことから、リスク群の人はこの果物の摂取を控える必要があると指摘した。

関連記事

タグ
食品
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント