13:48 2021年03月05日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 01
でフォローする

スペースX社の創立者イーロン・マスク氏は、最も優れた二酸化炭素回収技術の開発者に1億ドルを支払うと約束した。

イーロン・マスク氏はツイッターに「最も優れた二酸化炭素回収技術に対する賞として1億ドルを寄付する」と記した。マスク氏は来週、この案の詳細について知らせるという。

二酸化炭素回収とは、工場や発電所などから排出される二酸化炭素を分離し、大気から長期間隔離するといったプロセスのこと。主な目的は、地球温暖化と環境汚染の防止である。

2020年12月、マスク氏は火星の有人着陸について、6年後くらいに実現できるだろうとの自信を示していた。また、自身の宇宙飛行についても、「2~3年後」に計画していると語っていた

関連ニュース

タグ
環境, 地球温暖化, イーロン・マスク
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント