21:36 2021年03月03日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 03
でフォローする

国際宇宙ステーション(ISS)ロシアモジュールではさらにもう1か所の空気漏れを調査している。22日、ISSロシア区画のフライトディレクターであるウラジーミル・ソロヴィヨフ氏が明らかにした。

ソロヴィヨフ氏は「ロシア24」テレビの取材に応じ「これまでに亀裂が1か所見つかったが、もう1か所あると踏んでいる。何らかの漏れがもう1か所ある。補給船で高精度の顕微鏡を持ち込み、その場所を調査する必要がある」と語った。

また、漏れがある場所の大きさは合わせて約0.2ミリメートルの直径の穴に相当すると補足した。

ISSの微小な空気漏れは2019年9月に発覚。2020年8月から9月、空気漏れのスピードが5倍になったため、乗組員はISS各モジュールのハッチを2度閉め、漏れをチェック。ISSロシア区画で数日間隔離状態となった。漏洩箇所はロシアモジュール「ズヴェズダ」の移動室にあると判明。亀裂をガムテープで塞ごうとしたが上手くいかず、応急パッチ止めをした。移動室の漏洩箇所を完全に修復するため、2月に補給船「プログレスMS-16」で専門補修キットを届ける予定になっている。

関連ニュース

食料のなくなった国際宇宙ステーションのロシア宇宙飛行士と米国飛行士が食べ物を分かち合う

タグ
ISS, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント