12:47 2021年03月05日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 50
でフォローする

赤くなった手のひらは非アルコール性脂肪性肝疾患の兆候の1つであり、疾患が進行する可能性があるという。米国のマイオクリニックがHPで説明している。

これは非アルコール性脂肪性肝疾患のアグレッシブな形態である非アルコール性脂肪肝炎のことで、肝臓の炎症が特徴的なこの疾患は肝硬変に進行する可能性があるという。

非アルコール性脂肪肝炎の症状は腹部膨満、皮下血管拡張、脾臓肥大、また皮膚や眼球の黄染などがある。

専門家は、疾患進行の原因には太りすぎあるいは肥満、インスリン抵抗性、血糖値や血中脂肪が高いことなどが挙げられる。非アルコール性脂肪肝炎のリスクグループには高齢者、糖尿病患者、腹部肥満を抱える人が入る。

非アルコール性脂肪肝炎のリスクを低減するには食事療法を守り、体重を管理し、身体を動かすのがよいという。

タグ
健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント