13:36 2021年07月31日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 03
でフォローする

AIロボット「ソフィア」が創られたのは2016年。2017年にはサウジアラビア国籍を得た初のロボットとなった。パンデミックを背景に、ヒューマノイドロボットの創設者は、人々を助けるためにこのロボットの大量生産の準備を決定した。ソフィアは医療措置とコミュニケーションを図ることができる。

香港を拠点とするハンソン・ロボティクス社は、2021年前半に、ソフィアを含め4つのソーシャルロボットモデルの工場生産をスタートさせると発表した。

香港の研究施設の見学会を行ったロボットのソフィアは、「ソーシャルロボットは、私と同じように、病人や高齢者を気遣うことができる」と語った。ロイター通信の報道では、「私は困難な状況の中でも人々とのコミュニケーションや治療、配慮、社会的コンタクトを行うことが可能だ」と紹介した

​ソフィアは、人間のジェスチャーや顔の表情を真似するだけでなく、一定の質問に答えたり会話をしたりすることができる。

創設者兼CEOのデビット・ハンソン氏を紹介し、ロイター通信は、「新型コロナウイルスが広まった世界では、人々に安全を保障する大規模なオートメイション化が求められる」と報じた。

同氏は、パンデミックを背景とするロボットの使用は、保健分野に限定する必要はなく、小売業や航空業界といった分野でも利用が可能だと考えている。

関連ニュース

タグ
ロボット
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント